dknbFPVとドローン

ふとしたことからドローン(マルチコプター)とかFPVにハマってしまい、備忘録としてテキトーに書いていこうと思う。Vectorフレームの購入はこちらから https://www.dknbfpv.com/

CPL2207 緑コブラ

新しく発売となった緑コブラについて

f:id:dekunobuu:20170918194042j:plain

f:id:dekunobuu:20170918152856j:image

モーターの特徴は軽量化されているところで、CPシリーズの2207は約35g

緑のCPLシリーズは約29gとなります。

f:id:dekunobuu:20170918152912j:image

 

外側のベルの形状は前のCMモデルと同じ設計になっています。

f:id:dekunobuu:20170918153043j:image

この形状が一部で不評であまりイケてない。

折角であればCPシリーズと同じにした方が良かったと思うのですが、モーター設計者のこだわりがどうやらあるようです。

 

MAX thrustはCPより10-15%落ちると聞いており、軽量化の商品を出したのは一部のユーザーから需要があった為と説明を受けました。

 

で、実際にとばした所、やはりパワー不足を感じてしまいます。

飛び出してからの加速の伸びが遅いです。回転のスムーズさも金コブラのようなシルク感があまりありません。

違うモーターとして考えた方が良さそうです。

 

良いところは、ターンが結構綺麗に決まります。中高速域での安定感は結構良いかもしれません。金コブラはクイックにキュっと曲がる感じですが、緑は旋回する感じで曲がっていく印象です。

ただレーサーとして大事なのは安定より、速く曲がれて直線で伸びるモーターだと思うので、僕はこのモーターでレースに出ようとは思いません。

 

一個6gで合計24gの軽量化をした所で、スラスト値が下がってしまっては、やはり意味がないという事でしょうかね。。。

 

佐野の模擬コースを作って、緑と金コブラの飛ばし比べもしました。

タイム計測もしましたが、やはり金コブラより平均して1.5秒ほど遅い結果となりました。

めちゃめちゃ頑張って金コブラと同タイムを出す事は出来たのですが、やはり僕の実力では安定してfastestに近いラップを刻み続ける事は出来ませんでした。

やはりパワーのあるモーターを使った方が楽に速いラップを出す事ができます。

動画は新品のCPL2207-2750と使い古したCP2207-2600の飛ばし比べです。


CPL2207 2750kv

 

これだけだと緑は駄目じゃんってなると思いますが、あくまでCPシリーズと比べた結果ですので、そこは仕方ないです。

CPシリーズがコブラモーターの中でもトップラインのシリーズなので、それを超えるのは難しいのと、金コブラの完成度が高すぎるというのもあると思います。

 

Vectorの設計者とも話をしましたが、CPLシリーズを使う事は無さそうです。

 

という事で、dknbFPVショップでは取り扱いは一旦しない方向で決めました。

(改良が加わり良くなれば、また別の話です)

自分で試してみないと分からない!試してみたいという方は、公式ショップでお買い求めください。違いを比べて見るのも面白いと思います。

改めて金コブラの良さが分かるかも?w

 

モーターだけ写真で見ると、色はイマイチな感じですが実物は何気にカッコいいですよ!w

f:id:dekunobuu:20170918161011j:image

f:id:dekunobuu:20170918161659j:image