dknbFPVとドローン

ふとしたことからドローン(マルチコプター)とかFPVにハマってしまい、備忘録としてテキトーに書いていこうと思う。Vectorフレームの購入はこちらから https://www.dknbfpv.com/

T-Motor POPO Pro

7月頃よりT-motorからPOPO対応のモーターを作っていることを聞き、一番に予約をしていました。

(あと1日早く入手できていれば先日のDCLベルギー戦で使用できたので残念です。)

 

多くの人からPOPOの使い勝手はどうかという質問や、レビューを知りたいという意見をいただいているのでブログにしてみました。

f:id:dekunobuu:20181003203441j:image

まずはプロペラの付け外しが異常なまでに簡単で早くなるので、もう通常の仕様には戻れません。

簡単な動画を撮ってみたので、まずは見てください。

もうこれだけでモーターを交換する理由になります(笑

www.youtube.com

 

そして、T-motorのPOPO Pro仕様は他社のPOPOと違います。

通常版のPOPOとPOPO Proは何が違うのかというと、まずPOPO対応していない旧型のプロペラは使用できません。

通常のPOPOはロック機構に加えて従来のプロペラも使えるようにナットで固定できるようにネジ切りされています。

f:id:dekunobuu:20181003205245p:plain

 

Pro版は、このネジ切りを完全に無くしPOPOオンリーという男らしい造りになっています。

f:id:dekunobuu:20181003203501j:image

Pro版は、このネジ切り部分から上を削ぎ落としナットも使用しない事で軽量化に成功しています。

FBのグループには投稿しましたが、機体が重くなる事とモーターが重い事には大きな違いがあります。

さらに、Pro仕様はペラ着脱用のボタンがシャフトの中に引っ込んでいるので、クラッシュしてボタンが壊れてしまうリスクも軽減されているため、レーサー向けの仕様と言えます。

レース中ゲートなどに接触してボタンが押されてペラが外れたり、ボタンが壊れたりしてベル交換になるのは哀しいですよね。。。

 

兎にも角にもプロペラ交換の効率が上がるこのような仕組みはウエルカムなので、早く全メーカーが対応していって欲しいものです。

今のところプロペラは、Lumenier、HQ Prop、Gemfan、T-motorがPOPOに対応していますので、この流れでシフトしていくのではないかと思われます。

 

もうペラ回しなんてしたくないものです!!w

ということで来週に迫ったDCLスイス戦はPOPOで挑みたいと思います!!

f:id:dekunobuu:20181003204918j:image